MDXPlayer for iOS にMMDSP風の画面を追加した あとCocoapodsデビュー

ゴールデンウィーク中にMDXPlayer for iOSの存在に遅ればせながら気づいたあと、ソースがGitHubで公開されているのでいじってみたところが前回まででした。

その後細かいバグ取りや、もともと公開されているソースでXCodeやCocoapodsの新しいバージョンに対応できていないところがあるのでそちらの方も直したりしているうちに3週間ほどが経過。うちかなりの時間MMDSPのソースと格闘。プリントアウトしたアセンブラのソースを久しぶりに読み解きました。
Cocoapodsはちょうど5/16にversion 1.0となってその余波で変更が生じたりしましたが、とりあえず完成したといっていいかなと。

ソースは元がOpenになっているのでこちらもGitHubにアカウントを作って公開してみました

GitHub sinn246/MDXPlayer

Cocoapodsはあえてこれまでは使わずに来ていたのですが(外部ライブラリ的なものは静的にプロジェクトに入れていた)、便利そうです。version1.0になったのを機に次のプロジェクトからは使ってみようかな。

広告

夢の続き:MDXファイルをiPhoneで再生してMMDSP風に?

昔X68000を使っていました。X68000には8音同時発声可能なOPMというFM音源チップが載っていて、1990年頃には音楽の面でも最先端の環境でした。MDXというファイル形式でいろんな音楽データが出回っていたものでした。

大学生時代は友人に貸し出していたX68000ですが、友人宅に遊びに行った時には徹夜で色々話したりゲームをしたりしながら、BGMとしてX68000でMDXファイルを延々と再生していました。再生に使うソフトではMMDSPというのがクールだった記憶があります。その後X68000を手放しました。Windows使っていた時にはMDX再生ソフトやX68エミュレータがありましたが、MacとiPhoneをメインに使うようになってからはMDXファイルを聴く機会もなくなっていました。

こないだ掃除していたら昔のSDカードが出てきて、Windowsで集めたMDXファイルが保存されていました。また聞いてみたくなったのですが、WindowsPCは家にはまともなのがなくて再生できませんでした。iPhoneでMDXが再生できるアプリがあればいいのだがと検索してみると、ちょうど3年前に公開されていました。なぜ気づかなかったのだろう。

MDX Player for iOS

X68000シリーズ由来の音楽データMDXをiPhoneで再生!MDX Player for iOSがリリース

私がiPadで愛用している「i文庫」を作った方が作られたようです。GitHubでソースが公開されているのでダウンロードしてみました。音楽再生は問題ないのですが、画面が寂しいのでMMDSPのソースを参考にしながら鍵盤などを再現してみました。スペクトラムアナライザ風のところは32×32のビットマップを作ってCALayerで拡大表示、その手前にスリット状のビットマップを表示して手抜きで表示しています。

再現度はいまいちかもしれませんが、大学生時代のことをおもいだして昔見た夢の続きを見ているような、不思議な感覚になります。わかるかな?