班目春樹氏のマンガと国会質問と国会会議録検索システム

Huffington Postで班目春樹氏、菅直人元首相をマンガでこき下ろすという記事を見ました。実際のページも、つい全部見てしまいました。

このマンガについての意見を公表することは控えますが、「国会質問の不思議1〜4」及び「こんな議員はいいな」というのがありました。国会議員の不思議な質問及び素晴らしい質問について書いてありますが、当の議員の名前は書かれていません。誰なのか気になって検索してみましたが、Google任せではうまく出てきません。

http://kokkai.ndl.go.jp – 国会会議録検索システムというのがあり、そちらを調べてみるとすぐにわかりました。

国会質問の不思議1〜4は、議員の質問を揶揄するものなのでここには示しませんが、検索方法は書いておきます。

トップページから簡単検索→検索語指定に「班目 CAMS」「班目 広島」「班目 テルル」「班目 セシウム 一周」などと指定するとすぐに検索できます。珍しい名前なのがここで役立ちます。

前後の文脈を見ると、班目春樹氏が流れを把握していなかった場面もあるようなので、批判が全て当てはまるわけではないようです。

「こんな議員はいいな」というのは「班目 避難準備区域」で検索すると出てきました。平成23年08月03日衆議院内閣委員会での小泉進次郎議員の質問でした。検索画面で見るよりもPDFで見た方がわかりやすいかもしれませんのでリンクしておきます(PDF)。マンガの似顔絵が割と似ていたので何となく予想はついたのですが。

小泉議員の質問は素晴らしい内容だと思います。・・・他の質問がおかしくなっているのは、「津波の前に地震で炉が破損していたのではないか」ということに持ち込もうとしたり、実は冷却は安定していなくて放射性物質が漏れているのではないかという批判に持ち込もうとして、かみ合わなくなっているように思いました。特に科学的な話になると議員のブレーンとしてついているスタッフの資質が大きいんでしょうが。

 

 

広告