FIS4WIN

大学生の時の話です。

前回お話したとおり、MacではなくDOS/Vマシンを購入してVisual-C++1.5とかをいじっていました。そんなとき、コンピュータ部の先輩が作ったFISHERというDOS版のソフトをWindowsに移植したものを作って欲しいという依頼を受けました。

FISHERはDOSに特化したコードでかなり軽快に動いており、とても評判がいいものでした。それをwindowsに移植するというのはとても大変なことです(一太郎とか、DOSで評判の良かったソフトがWindowsに移行できた試しは殆ど無いでしょう?)

Windowsに移行するに当たり、前のバージョンのソースはほとんど役に立ちませんでした。前のバージョンのソースはCでかかれていましたが、好みの問題もあり?すべてC++で書き直しました。dBase DBFファイルにアクセスするルーチンを含め、データベース関連、グラフ作成(軸やグラフの点や線をオブジェクト化したライブラリ)まで自作しました。式の評価ルーチンを作るためにコンパイラの勉強をしました(Aho&Ullmanの教科書を買って読みました)。統計ルーチンはDLLで拡張できるようにしましたが今考えると明らかにオーバースペックです。本体のソフトはFIS4WIN.exe、基本システムをFISTEM.dll、グラフ作成をFISGURE.dllというふうに分離して作りました。統計サブルーチンからは本体内のルーチンに直接アクセスできないので外部DLLにしたわけです。

結局この仕事のために卒業ギリギリまでかかってしまい、卒業旅行にはいけませんでした。コンピュータ部に間違って?入ってしまった後輩のY君、K君には開発を手伝ってもらいましたが彼らは今でもコンピュータを触っているのでしょうか。

結果的に言えばこのソフトはあまり売れなくて、バグレポートは大量に届くことになりました。それでも、入力部分で言えばかなりチューニングをしたので、相当な高速でスクロールできるようになっていました(16MHzのCPUでも目が回るほどのスピードになったはずです)。力を入れたグラフ部分は、メタファイル(WMF)でエクスポートできるようにつくってありました。こちらでは問題がない(つもり)なのに他のソフトとの兼ね合いでいろんな問題が報告されて嫌になったことは覚えています。

もう5年ほど前にサポート中止になっているのですね。

http://www.nakayamashoten.co.jp/bookss/define/support/software/FISHER.pdf

広告

FIS4WIN」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Facebook | Farm when it's sunny, programming when it rains

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中