X68000~大学に入学して

大学入学前にX68000 を買ってもらった話まではしました。その続きから始めます。

その後、無事東京の大学に入学することになりましたが、当時はバブル景気の終わりごろ。東京の家賃はとても高いのでした。父親が厚生省に努めていた関係で厚生省の共済組合の、組合員の子弟が入れる寮というのが中野にありましてそちらに入ることになったのです。家賃は月16000円。そのかわり、トイレ・風呂は共同で、最大の問題点は電話がないことです。ということで電話回線を使ったパソコン通信の夢は潰えてしまいました。

寮の先輩によると、入居前にX68000一式の箱が玄関に積まれていたのでどんな奴が来るのかと期待していたらしいです。

入学後、塾の講師のアルバイトなどをしていたのでプリントを作成する必要が生じて熱転写プリンタを購入したりしました。OS-9/X68kで自作のプログラム(nroffに影響を受けました)で通知表を作った覚えがあります。あとは医学英単語の勉強プログラムを作ったぐらいでしょうか。

大学2年の時に、「コンピュータ医療研究会」という部があるのを知り、同級生の阿部さんといってみたところ、潰れかけの部ですでに部員がいないとのこと。新入部員になるとともに次期部長になってしまったのでした。

その絡みでプログラムを組むアルバイトを始めることになります。

そのへんのお話は次回。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中